小児と一般医薬品

小児と一般医薬品

乳幼児では当たり前のような特徴でしたが

小児では、覚える事や問題になりやすいポイントがあります


まずは小児は何歳未満か?


おさらいですが、15歳未満と覚えましょう!


ざっくりですが、義務教育の最後の年中学3年生くらいと考えるとよいと思います。



では、小児の特徴とは


・体の大きさに対して腸が長い
・肝臓が未発達のため、代謝されにくい
・腎臓が未発達のため、排泄されにくい
・医療成分が能に達しやすい


腸が長いと余計に吸収され

肝臓が未発達だと薬の成分が十分に代謝されず副作用が出やすい

腎臓が未発達だと薬の成分が排出されないため、副作用が出やすい

脳関門透過性といい、大人であれば透過性がしっかりしているので移行されにくいが
小児だと脳へ成分が移行されすい


小児の問題もしてはいけない事を聞かれます


単に、身体が大きいからといって大人と同じとしてはいけません


中学生の事を考えると既に親御さんよりお子さんの方が身体が大きいことはあります


なので、以下のような問題が出されます



問題
14歳ではあるが、身体は親より大きく、体重が65キロを超えている為、成人と同じ分量で良い。



これは、もちろん「×」になります。





皆様が顔晴れますように







[PR]
# by sakurasaku29_g19 | 2017-10-21 01:56 | 1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 | Comments(0)

乳幼児と一般医薬品

乳幼児と一般医薬品

乳幼児とは
乳児と幼児を一緒にしたものですが

乳児は1歳未満

幼児は7歳未満

と分かれていますので、問題でもきちんと読み分ける事が大切です


特徴としては同じなので気を付けましょう!


特徴
・自分の体調を適切に伝えられない
そりゃそうですよねー

まだまだ、難しいお歳です!

・容態が急変しやすい
子育てされた方なら分かると思いますが

オロオロするくらい急変します

・生理機能は未発達

まだまだ生まれて間もないですから

しょうがないです


こんな特徴だと当たり前だという声が聞こえてきそうです…



試験では当たり前でも、してはいけない事を聞かれます

例えば

乳児は医師の診療よりも一般医薬品で症状の緩和を優先させる事が大切である

という問題では、当然「×」になります


特に第1章では、覚えるポイントとよく読むというポイントがあります


当たり前だ!と思えていたら大丈夫です



皆様が顔晴れますように



[PR]
# by sakurasaku29_g19 | 2017-10-21 01:29 | 1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 | Comments(0)

一般医薬品の役割

一般用医薬品の役割

軽度な疾病に伴う症状の改善
生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防
生活の質(QOL)の改善・向上
健康状態の自己点検
健康の維持・増進
その他保健衛生(衛生害虫の防除、殺菌消毒等)

以上の6つがあります。


試験問題に関して

軽度な疾病→軽度・中度の疾病

生活習慣病等の疾病に伴う症状発現の予防→
症状発現の改善
症状発現の治療

健康状態の自己点検→自己検査・診断

が出やすいと思います。

第1章は、覚える事がメインになりますが、
第5章まで読み進めて、戻ると理解出来てくる事が多いので、安心してください!


皆様が顔晴れますように!






[PR]
# by sakurasaku29_g19 | 2017-10-15 16:33 | 1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 | Comments(0)

日本副作用の定義

日本副作用の定義

『許可医薬品が適正な使用目的に従い適正に使用された場合においてもその許可医薬品により人に発現する有害な反応』

(独立行政法人医薬品医療機器総合機構法第4条第6項)



これも、そのまま覚えるしかありません。

ここのポイントは
適正にという単語が2回出てきます。

問題にしやすいのは、その後に続く言葉

適正な容量

適正な症状

適正に時間経過した場合

などやWHOの副作用の定義

「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」

の中の言葉を用いたりと少しの違いがある場合は✖️になります!

定義は一字も間違いないようにしてみてください。



皆様が顔晴れますように!




[PR]
# by sakurasaku29_g19 | 2017-10-15 14:14 | 1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 | Comments(0)

WHO副作用定義

WHO副作用定義


WHOにおける医薬品の副作用とは


「疾病の予防、診断、治療のため、又は身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」

これに関しては、そのまま覚えて下さい!

似てる言い回しや感じに気をつけて下さいね!

診断を検査だったり

有害を有益だったり

量を方法だったり


意外と焦ってると有益が有害に見えたりします!


お気をつけて



皆様が顔晴れますように!



[PR]
# by sakurasaku29_g19 | 2017-10-14 18:00 | 1章医薬品に共通する特性と基本的な知識 | Comments(0)