OTC医薬品て何?

さて、今回は登録販売者として


「OTC医薬品」の説明です。


登録販売者を目指す皆さんならご存知だと思いますが・・・



まず、OTC医薬品というのは

「オーバー ザ カウンター ドラッグ」


以前、医薬品は商品が手に取れず

カウンター越しに販売するのが一般的でした。


この名残から、OTC医薬品と言われます。



登録販売者の立ち位置はそのカウンターに立っている人だと思ってください。


正しい知識を持って立つことが大切ですね。


私も日々勉強し、精進したいと思います。



OTC医薬品という用語、または試験で大切なのは


『ダイレクトOTC医薬品』

『スイッチOTC医薬品』

という二つの特性があるOTC医薬品です。



ここでは、簡単に触れておきます。

『ダイレクトOTC医薬品』

・医療用医薬品では使用されずに、新しい有効成分として発売される医薬品

 (日本では医療用医薬品として流通していなかったもの)

『スイッチOTC医薬品』

・医療用医薬品として流通し、初めてOTC医薬品として発売される医薬品

 (医療用成分などCMでも聞いたことがあるかもしれませんね)



OTC医薬品としてはどちらも新医薬品として扱われますが


少しだけルールが違います。

これは第4章の薬事関係法規・制度でまたお話します。



皆様が顔晴れるように!





[PR]
by sakurasaku29_g19 | 2017-10-13 09:49 | 用語 | Comments(0)